平成28年3月23日 平成曳山製作所 完成間近

 唐津市西城内75(地番)で建設中の平成曳山製作所は、躯体工事が終わりその完成形が見えてきました。大きさは、間口6.6メートル、奥行き13メートル、高さ6.6メートル。瓦ぶきで、外装の色は白と黒とし、周囲の景観に合わせました。築地塀や大志小学校などとも良く調和していると思います。

外観その1
正面外観
ボルト締め
東面外観













 内装は、本実(ほんざね)加工の12mmの杉板を全面に張り付けています。これは室内の湿度を適度に調整するためで、曳山制作にとっては大事な環境となります。
 外装には厚さ16mmの防火外装板を使用して、鉄骨構造とともにこの地域の防火基準に準拠させています。

内部その1
内部入口側
内部その2
内部奥側













 庭には、この敷地内に残されていた石や瓦を生かして「百花岩石園」を造作中です。中国の故事で有名な「寒山拾得」の陶製像も里帰りして、松の木の傍でにこやかにたたずんでいます。平成曳山製作所は間もなく完成です。

庭園その1
東側の庭園
庭園その2
左の2体が「寒山拾得像」












ホーム>>お知らせ
活動記録